2006年05月23日

理想のヴォーカリスト

基本的にギター弾く人間なので、音楽を聴く際、楽器の音に耳がいく。

しかし、自分が「いい音楽」と判断する基準は「いいメロディ」があること。

それはギターでも歌メロでも一緒。

だから、ラップやらダンス系の類は全然ダメ。生理的に受け付けない。



とりわけ自分のお気に入りとなるモノは、

よいギタリスト

上手いヴォーカリスト

がいることが絶対条件。


ギターは上手くなくてもいいんです。「よい」ことが条件。

だいたい、ギターなんてモノは何をもって「上手い」とするのか?

ジミー・ペイジとイングヴェイを同じ土俵で語っても仕方がない。


ただし、ヴォーカリストは「上手く」なくちゃ。

圧倒的な歌唱力&表現力で聴く者を感動させるヴォーカリスト。


そうなるとお気に入りは必然的に海外ミュージシャンとなる。


いや、日本人にも上手いのはいるよ?

メロディをなぞるのが上手かったりw


そんな中でも「コイツは凄い!」というヴォーカリストは日本人にもいる。


人見元基、森川之雄、そして下山武徳。


この3人は凄すぎ。海外ミュージシャンと比べても何の遜色もない。


人見元基はもう現役を退いて、たまにステージに飛び入りで参加する程度だが、圧倒的な歌唱力は健在のようだ。


森川之雄。こいつはねぇ…きっと日本人じゃないよ。

初めて聴いたとき、開いた口がふさがらなかったもん。

こんなに広い音域と圧倒的な声量などの基本的なものに加え、
表現力の素晴らしいことまあまあ…。

「Hunting Time」はいつ聴いてもテンション上がります。


そして、最後に下山武徳。

札幌は藻岩山の麓に住む彼は、なんというか…

生き様がそのまま歌になっているというか…

ゆえに、一部では「暑苦しい」と揶揄されることもあるようだが、

これぞ魂の歌唱でしょう。

同じ道産子として誇らしい。

未体験の人は、是非「夜会」(彼のソロアコースティックライブの総称)に参加してみませう。

一発でKOされます。

年内に2枚目のソロアルバムが出ることだし、是非多くの人の耳に触れてもらいたいヴォーカリストだ。



あー夜会行きてぇ…

また絡みにくいネタだねぇw
posted by あっきー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

神との出会い

またもや更新が滞ってしまい…

沖縄ネタもいい加減賞味期限切れと言うことで、今回は私の音楽遍歴を。


自分が音楽に興味を持ち始めたのは小学校に上がるちょい前。

幼稚園にも行っていなかった自分は、家にあった『ステレオ』(若者はしらねぇだろうなぁ…レコード聞いたり、ラジオを聞いたりする巨大なハコ)をガチャガチャいじっていて、たまに分解して親父にしばかれたりしていた。

ある日、ラジオから聞いたこともないようなものが流れてきて…というおきまりのパターン。

その時たまたま聞いたのが洋楽だったからなのか、周りがピンクレディーブーム真っ盛りの中、自分は小1の時にお年玉をはたいて初めてレコードを買う。

Rolling Stonesの「Sticky Fingers」か「Goats Head Soup」だったように記憶している。




その後、ラジオを頼りに様々な音楽を手当たり次第に聞き、運命的に出会ってしまったのがUFO。



彼らの何に惹かれたかと言ったら…Michael Schenkerのギター。





もうね、すげぇのよ。今聞いても涙腺がゆるむもん。

あそこまでギターで全てを語るのを聞いたのは初めてだった。

すっかりMichaelの虜になった自分は、彼の音源を求めてエアチェックする毎日。

そんな中、「UFO来日決定!」


…と思いきやMichael脱退。


当時の神は失踪癖もあり、アルコールやらドラッグでぼろぼろだったからねぇ。


その後、Michaelは地元ドイツに帰り、兄のバンドScorpionnsに再加入。


そして「Scorpionns来日!」


…と思いきやMichael脱退。



いい加減にしろよ、コラ。



しかし、その後朗報が…

「Michael、自身のバンドM.S.G結成!」
「ドラムにコージー・パウエル加入!」
「M.S.G来日決定!」



当時小学4年生だか5年生のクソガキは武道館で泣きました…



その感動の日本公演後、貯め込んでいたお年玉でギターとアンプを即買い。


親父ビックリ。


その後、音楽の道にどっぷりとはまっていったの言うまでもない。






今は健康的になり、宗教にもはまって、以前の病的な、しかし神懸かり的な力は薄れてしまったし、何よりも魅力的な歌メロを書けるシンガーに恵まれずにいて、あまり聞かなくなったが、あの’71〜’86頃のMichaelは未だにオレの師匠であり、その当時の音源はオレの原点です。




あーInto The Arena聴きたくなってきたw



すんませんね、絡みにくいネタでw
posted by あっきー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

ぼん来日

行くっしょ。有給とって行くっしょ。

気合い入れてまたアリーナゲットでしょ。

誰か一緒に行く?
posted by あっきー at 10:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

あいぽっど

ダーツの賞金が残っていたのと、オークションで安く落札できたのとで
衝動的にiPodを購入。



「所詮圧縮音源だろ?まぁ、でも手持ちのCDライブラリを持ち歩けるのは魅力だな。」



と思っていたのだが…






予想以上にイイッ!





車の中でも聞けるように接続(オレのカーステはたまたまAUX端子がついていた)したので
車中のCD散乱状態からも解放される。


学生の頃は音楽ジャンキーで飯も食わずにCDを月に10枚位ずつ買っていたのだが、
職に就き、仕事が忙しくなる&嫁と音楽の趣味が合わないのもあって、
だんだんリスニングから遠ざかるようになっていたのだが…




リスニングへの情熱復活!




こうなったらライブラリを充実させたいのも人情。

その前に、自分のCDを全部転送してしまわなければ…。

現在700曲くらい転送済みだが、まだ3分の1も終わらない…。

嫁の数少ない音源も一緒に持ち歩けるので、嫁とのドライブも楽しめそうだ。


むっしゅとの散歩のときにも大活躍。

これからは外出も楽しくなるってもんだ。


ちなみに、iTunesもいいね。
WMPなんかよりずっと使い勝手がイイ。これがフリーとは…。

素晴らしい世の中になったモンだ。


最新テクノロジーまんせー

posted by あっきー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

Live!!

いよいよ待ちに待ったD.D(ダーツバーではない)のツアー初日。

思い起こせば4年前の8月、彼らはここ札幌で空中分解。
それぞれがsiride結成、concert moonの再始動…と動いていったのだが
あの時のライブも壮絶だった。
アニキの絶唱と来たら…マイクに血が飛び散っていたからねぇ。

それから4年。

彼らは帰ってきた。「Fate & Destiny」という強力なアルバムをひっさげて。

開演前、ステージ上にはデジタル表示の時計がライブのときまでのカウントダウンを
刻んでいる。

「…5,4,3,2,1,0−!!」観衆によるカウントダウン終了と同時にSEが…。
途中からそれがStream of timeのイントロへ。
リズム員と同時にバンドメンバーが飛び出してくる。
アニキも絶好調だ。不覚にも島&下山の絡みを見ている内に目頭が熱くなる。
2曲目は「Draw the curtain」4年前のツアーの1曲目だった曲だ。
この流れでもうKOされた。涙が決壊してあふれ出す。

その後は…正直よく覚えていない。F&Dから全曲(ボーナストラックも含めて!)やったこと。
お目当ての2曲ほど演奏されなかったこと。
アンコール3回を含む2時間40分のライブ。
ずーっと立ちっぱなし、首振りまくり、叫びっぱなしで私は満身創痍です。

とにもかくにも…歴史を目撃してしまったと言う感じ。
Newベーシストの木本も尋常じゃないかっこよさだったし。
世界レベルで誇れるこのメンツをオールスタンディングで間近で見られる幸せ。

前編を通して一番印象に残ったのは…やはりイソのドラム。
相変わらず気持ちの良い、そして力強いリズムを刻んでくれる。
さすが世界で稼げるプレーヤーだね。

ラストのRaise your fistで燃え尽きました。

有り難うDouble-Dealer。


こんな記事誰も読まねぇよ、と思ったけど書かずにはいられなかった。
posted by あっきー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

久しぶりに…

音楽ネタ。

8/3 ついに、ついに待望のD.D(ダーツバーじゃないよ)の3rdアルバムが発売!

久しぶりにテンション上がるー!
今回も島のギターはもちろん
アニキの絶唱が唸りを上げているはず!
イソのドラムも久々に聞ける!
まだ全く音源に触れてはいませんが、信頼しています。
外れはないでしょう。早くも今年のベストアルバム候補。

北海カップへ行くときは車中で熱唱しまくりでしょうな。

思えば前回の2ndに伴うツアーは札幌がファイナルであった。
あの時は、首振りすぎて帰り左右確認できなかった…。

今回は札幌からスタートだ!
9/4は何としても駆けつけて、世界に誇るべき日本の至宝の
プレイを全身で浴びたい。
オールスタンディングで世界レベルのプレイを堪能できるのだから
這ってでも行く!
posted by あっきー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月22日

Goldbrickも

凄いぞ!

さすが日本が世界に誇る一流どころが集まっただけある。

一聴してだれもがその凄さがわかるはず。

しばらくはsixrideとともにオレのヘビーローテーション確定。
posted by あっきー at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月20日

sixride

いよいよ札幌、いや、日本が誇るすぅぱぁう゛ぉーかりすとの下山武徳率いるsixrideの2ndの発売日だ。

速攻ゲットして聞いてみたが、一聴して素晴らしい!ってものじゃないが、名作であるのは確か。前作よりもじっくり聞き込みたいタイプかな。

今はまだ新しい音源を手にした興奮で冷静に判断できないので、この作品についてはまた今度。
posted by あっきー at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月13日

久しぶりに…

ZIGGYが聞きたい。

How, Eastside-Westside, I'm gettin' blue, One night stand, それゆけ!など…
いい歌いっぱいあるよなぁ。

最近の若者よ、ワケわからんもの聞いて喜んでないでホンモノを聞け!
posted by あっきー at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。