2005年02月21日

苫小牧DD一周年+1日記念トナメ

今回のトナメは札幌からも286さんやうっきー、けんぼー、NOBをはじめ色々参加。さらに苫からも庄司さんやら和人さんなどなど…レベルの高いトナメになった。
オレのペアはしーちゃん。いつもDDで顔を合わせるが、ちっさい女の子でいつも一生懸命投げている子。今回はラウンドロビン方式で、オレはDブロック。他のメンツは…けんぼー、286さん、和人さん…さらに勉さんと組んだ井上が。結構厳しいなぁ。

1発目。286さんのとこと。全く良いとこなし。ストレート負け。やはりオレはスロースターターだ。
2発目vsけんぼー。1レグ目は取られるも、クリケでブルの撃ち合いでしーちゃんが見事閉めた!ナイスイン!こうなったら流れはオレらのもの。オレもハット出しーの、最後も13Tでアウト。これで一勝一敗だ。
3発目。和人さんのところと。やはり1レグ目は取られるものの、残りは危なげなく勝利。このオレのスロースターター癖何とかならんかなぁ。勝ち数で並んだ場合レグ数で不利になってしまう。
その予感が見事的中。4発目。井上のところと。試合前に286さんが「1レグでも取ったら決勝トナメ進出」と教えてくれる。これが結構なプレッシャーになった。やはり最初の01は取れれ、クリケ勝負に。最初20を俺らが閉め、相手は18を閉め、撃ち合いに。しかし、しーちゃんは背の関係もあり、ブルより上を狙わせることが出来ない。仕方なく17or15を狙ってもらうがさっぱり入らない。オレも20で応戦するも、それまで調子の悪かった勉さんが入りだし、井上も試合になれてきたのか、きっちり18をキープする。本心としてはオレが20でプッシュした次のターンでしーちゃんに18を閉めてもらいたかったが…。結局1対2の撃ち合いという状態に。きっついなぁ。結局20ラウンドまでもつれ込み、オレのターンでラスト相手が閉めている16を閉めるか、17でプッシュするかの選択に。16を閉めて息の根を止めるつもりが、2本はずす。ラスト1本、迷ったあげく17へ。これもはずす。ラスト、井上のターン。162本まではセーフ。しかし、ここで井上が16S、16S…。ラスト一投。なんと16Tへ!参りました。いやー、井上上手くなったなぁ。最後にけんぼーに「1対2はキツイよなぁ…」と言われる。
確かにきつかったが、オレがいつもの調子を出せていたら、それもひっくり返せたと思う。今回は、ペアの力を借りての勝利ではなく、オレの力でペアを上まで連れて行くことを目標にしていたので、残念。メンタルを鍛え直そう。

その後、井上達は4位入賞。優勝はうっきーのところ、2位が286さん達。3位はみっちぃ。みっちぃは上手いのに、スタッツ詐称して明らかに有利なペアで入賞してうれしいのかね?彼のそういうところはオレには理解できない。

気を取り直してシングル。オレの一回戦目はvs殺し屋?さん。彼もオレより格上の存在だが、ダブルスで不完全燃焼だったので気合い入りまくり。レグレグの末、勝ち。試合後、殺し屋?さんと工藤さんが「いや〜、上手くなったわ」と話しているのが聞こえる。あら、工藤さん、覚えていてくれたのね。彼はオレがまだぺーぺーの頃、初めて参加したトナメで戦った人。これを聞いて、ちょっと嬉しくなる。2回戦目はコバノフさん。彼は80'sの常連で、札幌DDの大会でも見かけたことがある。彼にもレグレグの末勝利。
しかしオレのこのスロースターター癖何とかならんのかね?ダブルスの時だって一つでもストレート勝ちしていたら決勝トナメに進出できたのに(未練)
次の相手は…286さん。まぁ、はっきり言って勝負にならなかった。やはりちょっとしたミスのあともろくも崩れてしまった。この辺はこれからの課題。メンタルの強化をすれば、それこそ286さんにも勝てるかもしれない。正直、怖さは感じなかった。

ということで、トナメは終了。結局シングル優勝は286さん、2位うっきー、3位オレ。札幌勢にワン・ツーフィニッシュされたのは悔しいなぁ。

次は27日サカパ杯。ここにも件ボー、うっきー、286さんらは来るらしい。そこでリベンジだ!…でも大王も来るんだよなぁ…。しかもD−1だぁ。
posted by あっきー at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。