2006年05月26日

追想

最近なぜかよく昔のことを思い出す。

死期が近づいてるのか?まだ死兆星は見えないけどなぁ。




こういう仕事をしているから、自分の受験のことを体験談として聞かせることが多い。

自分の場合はどれも特殊ケースだけどねw





高校受験の時も、1回目は自分の受けたい高校を受験させてもらえなかった苦い経験がある。

点数は取ってたけど、態度悪かったからねぇ…。

いわゆる問題児。

で、結局3校受けて全て受かって腐れ担任の薦める高校と私立をパスして、某国立の学校へ。




しかし、結局そこも2年の途中で問題を起こしてクビ。




翌年、高校を再受験。

このときは、ホントに受けたかった札幌N高を受験できた。




オレの場合は、たまたまだけれども、遠回りしても自分の行きたいところに行けてよかったなぁ…と。




だからオレの基本スタンスは「行けるトコじゃなく、行きたいトコに行け」




実際には、今時の子は「行きたいトコ」すら見つけられないんだけどね。






大学受験の時も、失敗だらけ。


そもそも、高3の夏までは大学進学の意志もなくだらだらと…


けど、夏に急に「行きたい」と思ってしまった。


当然スタートが遅いから、死にものぐるい。


平均睡眠時間3時間。


でもこの時も「寝ない」ことが目標じゃなかったから、「やるべきことをやった結果、必然としての睡眠3時間」だったから、全然辛くなかった。

人間、本当に熱烈な想いを持てば、強烈なエネルギーを発揮するのを体感。

そして、そうした経験はその後の人生で大きな財産になった。

「合格」とか「不合格」を超えたもっとでかい財産。





これを、手に入れて欲しくて高校生を指導している。





ぶっちゃけ、奴らが受かろうが、落ちようが、そんなの二の次。

当然、我々プロは結果を求められるが、オレの求める結果は「人間としての成長」。


こんなこと言っちゃあまずいのかもしれないが、こういう想いで仕事をしている。


この目的を達成することが出来た子供達が次々と巣立っていくウチに、
地域が変わり、地方が変わり、やがては日本が変わると信じている。


話がでかすぎて笑うヤツもいるだろうが、このくらい考えないと仕事だって面白くないでしょ。



幸い、オレは仕事が面白くてしゃあない。


まさに
『一燈照隅 万燈照国』(安岡正篤)







なーんてとりとめもないことを最近考える。




なんだか、最近重たい話題が多いなぁ…。

【関連する記事】
posted by あっきー at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
重い話題ばっかで社会人新米にはなかなかコメントできないんですけど…読ませていただいてます。

今仕事が楽しいかと言われれば全然楽しくないよ!自分のやりたいことじゃないからっていってしまえばそれまでだけど。
毎日業務におわれ、患者ともっといろんな話しとかしたいのに、余裕なくてんぱって毎日送ってるよ。
実家に帰って母さんの顔とかみてぇーって思うこともしばしば。
でもね、そんなてんぱって不安いっぱいな顔してるあたしに患者さん優しいんだ☆お母さんくらいの年の人。やめるんじゃないよ、今辛いのは仕方ないよって!いつも元気もらってます☆そんな小さいかもしれないけどだから毎日頑張って生活できてるんだと思う。
しかもあたしよりもっと辛いのよね、患者さんは…弱音は吐いてられん。
あたしはまだ幸せかもしれないな。努力が足りない気がする!でも自分に鞭入れれない自分もいるんだな…。様は自分に甘いってことだよね。

うんうん…目標は前向きに生活すること!もはや崩れてるけど。
脱マイナス思考☆
やりたい仕事じゃなかったらそれを自分のやりたい仕事にかえよう☆←強引すぎかf^_^;
Posted by ゆ at 2006年05月27日 14:49
うーん。それはゆが進学を決めたときから、起こりうることだと心配していたことだからね…。

でもね、仕事って最初から楽しめるわけがない。学生時代と比べて、いきなり責任も大きくなるし、初めてのことだらけで…。てんぱって毎日がアッという間に過ぎて、まだ人間的にも甘いから、いろんなことで怒られて、学生時代には考えられなかったような理不尽なこともあって…。

これはどんな仕事についても一緒。自分を成長させる過程と思って乗り切るしかない。

今年、ウチにも新卒の子が来たんだけど、彼にオレが言ったのは「まず、10年続けな。全てはそれからだから。」ってこと。男は一生働くから10年だけど、女も最低5年は続けてみなくちゃ。最初のとっかかりの部分で判断して辞めてしまうのはもったいないし、情けない。あ、どうしようもないときもあるけどね?ww

でもね、オレがこの仕事を心底楽しめるようになったのも、ゆ達が戻ってきた頃くらいからだよ?それまでは、なんて言うのかなぁ…生きるために働いてたw

なんかとりとめもないけど、ゆがしっかり社会人して(そんな悩みを持つだけでも立派w)るのがわかって、ちょと安心。頑張れ!一年目!w
Posted by あ at 2006年05月28日 11:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。