2006年05月25日

プロ

昨日、教え子が「バイトしようと思ってるんすよ」と言ってきた。

甘っちょろいヤツなので、

「おまえみたいなヤツは勤まらないと思うけど、社会勉強のつもりでやってみたら?」と返してみた。

すると…

「めんどくさかったらやめるんで…」

との返答。


今時の若者のニート文化?いや、文化なんてもんじゃねえな、それを垣間見た気がした。


コイツが俺の息子だったら、首が後ろに回るまでぶん殴っていたと思う。


こんな奴らを少しでもまともにすることが出来ればなぁと思いつつ普段仕事をしている。



自分は、飲食店などのサービス業者にやたら文句を言う人間だ。


たとえ接客したヤツがバイトだろうが、オレは勘定を払うときに自分の飲食したもの以外に、自分が受けたサービスについてお金を払うと思っているので、なめたことをするヤツは許せない。



大声で怒鳴りつけ、店長を呼びつけることなんかもたまにある。



だって、それで金もらってるんだから、プロだろ。バイトとかそんなことは関係ない。

何だってそうじゃねぇの?

自分は教育関係に携わっているが、

「新米の先生だから仕方ないね」なんて言い訳通用するか??

自分の大切な子供を預けている相手に、キャリアもクソも関係ないだろ。

やるべきことをきっちり、とことんやってくれるかどうかが大事じゃねえの?


自分のやっていることもある種のサービス業だから、余計うるさく言ってしまう。

だってねぇ、言わねぇとわからんヤツもいるのよ。


自分で気づけるヤツなんて少数派。


オレが言うことによって、その後少しでも何かが変わればいいと思って言ってしまう。


社会に出るってことはその道にプロになるってことだ。


金を手に入れることを軽々しく考えるな、くされ若造。

【関連する記事】
posted by あっきー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。