2006年05月22日

神との出会い

またもや更新が滞ってしまい…

沖縄ネタもいい加減賞味期限切れと言うことで、今回は私の音楽遍歴を。


自分が音楽に興味を持ち始めたのは小学校に上がるちょい前。

幼稚園にも行っていなかった自分は、家にあった『ステレオ』(若者はしらねぇだろうなぁ…レコード聞いたり、ラジオを聞いたりする巨大なハコ)をガチャガチャいじっていて、たまに分解して親父にしばかれたりしていた。

ある日、ラジオから聞いたこともないようなものが流れてきて…というおきまりのパターン。

その時たまたま聞いたのが洋楽だったからなのか、周りがピンクレディーブーム真っ盛りの中、自分は小1の時にお年玉をはたいて初めてレコードを買う。

Rolling Stonesの「Sticky Fingers」か「Goats Head Soup」だったように記憶している。




その後、ラジオを頼りに様々な音楽を手当たり次第に聞き、運命的に出会ってしまったのがUFO。



彼らの何に惹かれたかと言ったら…Michael Schenkerのギター。





もうね、すげぇのよ。今聞いても涙腺がゆるむもん。

あそこまでギターで全てを語るのを聞いたのは初めてだった。

すっかりMichaelの虜になった自分は、彼の音源を求めてエアチェックする毎日。

そんな中、「UFO来日決定!」


…と思いきやMichael脱退。


当時の神は失踪癖もあり、アルコールやらドラッグでぼろぼろだったからねぇ。


その後、Michaelは地元ドイツに帰り、兄のバンドScorpionnsに再加入。


そして「Scorpionns来日!」


…と思いきやMichael脱退。



いい加減にしろよ、コラ。



しかし、その後朗報が…

「Michael、自身のバンドM.S.G結成!」
「ドラムにコージー・パウエル加入!」
「M.S.G来日決定!」



当時小学4年生だか5年生のクソガキは武道館で泣きました…



その感動の日本公演後、貯め込んでいたお年玉でギターとアンプを即買い。


親父ビックリ。


その後、音楽の道にどっぷりとはまっていったの言うまでもない。






今は健康的になり、宗教にもはまって、以前の病的な、しかし神懸かり的な力は薄れてしまったし、何よりも魅力的な歌メロを書けるシンガーに恵まれずにいて、あまり聞かなくなったが、あの’71〜’86頃のMichaelは未だにオレの師匠であり、その当時の音源はオレの原点です。




あーInto The Arena聴きたくなってきたw



すんませんね、絡みにくいネタでw
posted by あっきー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。